海外で使えるキャッシュカードって?~カードの知識をつける~

女性

出張族必見、支払いの技

換算レートによる差損

カード

出張などにより海外でお金を使う場合、注意したい点があります。 それは、現地滞在費用の精算方法についてです。 日本円は海外ではまず使えませんので、予めその国の通貨や、米ドル・ユーロなどに替えていかなくてはなりません。 しかし多くの場合、出張費用の支給は日本円で行われます。 そのため出張前、あるいは渡航後に、現地で必要な通貨に両替をします。 しかしこの換算レートは、事前に日本国内で替えた場合と、現地到着後に現地で替えた場合とではかなり異なることがあり、また銀行や空港、街中の両替所など、替える場所によっても大きく異なります。 そのため、場合によっては損をしてしまうこともあります。 まずはどのように両替するのか、出張費用の精算は事前にするのか、事後にかかった経費を日本円に換算するのか、という点を明確にする必要があるでしょう。

使えるカードのタイプとは

このような換算レートによる個人の損益を生じさせないため、海外にて現地通貨で引き出せるキャッシュカードを渡す企業も増えてきました。 このようなキャッシュカードを利用すれば、海外のATMで日本と同じように使用することができる上、その時の換算レートで必要分だけを引き出すことができます。 またキャッシュカードとしてだけではなく、デビットカードとして使えるタイプもあります。 この場合はさらに簡単で、口座からいちいちお金を引き出す必要がありません。 クレジットカードのようにキャッシュカードを店頭で渡すだけで、その分の引き落としが口座に直結されます。 ただし、個人商店などクレジットカードの取り扱いのないお店では使用できないため、 いくらかは現金で持っておくのが安心でしょう。

おまとめや事業資金調達に

銀行

不動産担保ローンは、金利が低く大きい金額を借り入れすることができるローンです。注意すべき点は、担保としている土地や建物が返済不能になると回収されてしまうことです。回収されても残債があると継続して返済が必要になります。

詳細を確認する...

決済サービスの選び方

紙幣

ネットショップではほとんどがクレジットカード決済ですが、カード会社との複雑な契約やネットワークシステムが必要になります。決済代行会社を利用すれば、それらの全てをやってくれるので便利です。色々な決済代行会社の中で自分に合ったところを選ぶには、ネット上の比較サイトを利用するのが一番です。

詳細を確認する...

決済方法を考えます

お金

ネットショッピングでは、直接的な現金支払が出来ません。そこで、決済代行業者と契約すれば、支払金資金やセキュリティ管理を任せることが出来ます。しかし、契約会社が倒産すれば、請求先がなくなっていますので信頼性に注意しましょう。

詳細を確認する...